陝西ゴールドストーンエレクトロニクス株式会社
Categories

新製品「バルン トランス」を研究します。

我々 は新製品「バルン トランス」を研究を通知するうれしいです。2008 年 3 月

バロン (バラン) バランス コンバーターとも呼ばれますはマイクロ波分散ミキサー、乗数、プッシュプル増幅器、ワイヤレス ローカル エリア ネットワーク (wlan) などの主要部品のネットワーク バランス回路レイアウトをフィード アンテナ rf フロント エンド回路設計、品質と無線通信のパフォーマンスに直接影響のキー技術であります。違いは、アンテナのフィーダー高効率電力の主なタスクを同時供給バランスの対称性を確保するためにです。超短波周波数、使用する平行二重線がそのフィーダー場合この種のバランスがそのオープンな構造のために保証することが、電磁波の漏洩を防止するために強力な反射が生成されます、気候や環境に影響されにくいでフィーダーとしてこのような因子の影響を通常採用するシールド同軸ケーブルはアンテナ側に直接接続された場合は、、アンテナ自体の対称性を破壊します。この不均衡は、アンテナの入力インピー ダンス整合、歪み、アンテナ パターンだけではなく変更します。

主な仕様:

コモンモード デュアル マイクロ アレイ

ロープロファイル、小型 SMD

● 広帯域伝送デバイス

標準: 19dB に 6 db

● カスタマイズ仕様は受け入れられる

● 逆: B05xxxIF

低挿入損失 (1 に 1、100 MHz)

仕様:

材料

● コア: Ni-zn 系

● ワイヤー: QA エナメル銅

● ベース: カスタマイズ

● ターミナル: 錫の銅

● 接着剤: エポキシ樹脂

周波数:

● 6 に 600 MHz (ピン 1 に 6) で最大 1.5 デシベル

● 11 6 に 600 MHz (1、3 番ピン) で最大 14 デシベルに

● 抵抗: 75Ω

● RoHS 認定

アプリケーション:

● バランスの取れたミキサー、ブロード バンド伝送インピー ダンス送信機

● RF と CATV と他のアプリケーションに適しています。

● パッケージ: バルク、テープおよびリール

バランス トランスはますます人々 が大好き

バランス トランスは、プライマリ zhongtong ac 磁束、二次コイルの電圧の誘導 (または現在) を生成する交流電流コイル、鉄心 (またはコア) があると交互になる電圧、交流電流はトランス フォームとデバイスのインピー ダンスです。バランス トランスは鉄心 (コア) から成るコイル、コイル、2 つまたは 2 つ以上がある電源の巻線を接続する巻線は一次コイルと呼ばれる、巻線の残りの部分は、二次コイルと呼ばれます。

バロン トランス一般的な障害:

(送信するときはシャット ダウンや hours.then、多くの場合電圧が低またはゼロの指示で二相など、正常ではないことを発見後のバランス 1) トランスいくつか新しいローター バランス トランス三相電圧が非常に高い、高電圧電気機器のためのいくつかの燃焼

(2) 高圧ヒューズを吹き飛ばさ送信電力;

(雷雨の後 3) 電力を送信するバロン トランス

(4) バランス変圧器異常音、"make"や"Pi pa"ノイズなどカエルのような「wow wow をポンプをポンピング」叫びの操作など;。

(5) の高圧と高圧ケーシング燃え尽きるターミナルは深刻な破損トレース;

(通常冷却、バロン トランス温度障害および上昇; の条件の下で 6)

(7) のランクの石油・炭素; オイルの色

(バランス 8) トランス轟音、セキュリティ、石油貯蔵タンク、油タンク、油流出、オイル漏れ、ラジエーター パイプの変形などで気道。

解決方法:

(1) 新しい変電所の高低電圧ヒューズの仕様に従って時間のインストール。タイムリーな方法で置き換える必要があります、ヒューズを燃やしたか盗まれたバロンの変圧器の操作は、[1]

(2) の合理的な配分の高と低電圧ヒューズ作品します。

(1) 2.0 を構成する上記の 100 kva の変圧器容量のバランス 〜 3.0 倍; ヒューズの定格電流

(1.5 を構成するのには 2) 100 kva 容量のバランス トランス 〜 2.0 倍作品ヒューズの定格電流

(3) 低電圧側は少し大きい部分を融合は、定格電流によるとする必要があります。


お問い合わせ
アドレス: NO.21 Dongyi Road。陝西陝西省中国。
電話: +86-29-85401274
 ファックス:86-29-85401274
 電子メール:sales@gsmagnetics.com
陝西ゴールドストーンエレクトロニクス株式会社
Share: